自己破産のノウハウを自分のものにする

自己破産のノウハウへようこそ

 

自己破産

 

当サイトは、

 

  • 専門的な知識
  • 哲学的考察
  •  

    の二つによって成り立っています。サイトの特徴としては、以下のグラフのようになります。

     

    特徴

     

    他にない独自の視点で、ユーザーの『知りたいこと』ではなく、『知るべきこと』に重きを置き、また、専門的な『情報』をより高尚な『知性』に変え、かつイラスト等を駆使して『わかりやすく』皆様にお届けする。これが当サイトの運営ポリシーであります。

     

    >>続きを見る

     

    自己破産とは

    債務者(お金を借りている人)が、債権者(お金を貸した人)に対して、どうしてもお金を返すことが出来なくなったときに使う、最後の手段債務整理には、

     

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 特定調停
  • 過払い金請求
  • 自己破産
  •  

    自己破産

     

    がありますが、自己破産というのはその中でも最後の選択肢と言えます。最低限の生活用品などを除いたすべての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じ、公平に返済をするよう、法的な力を借りて行う手続きのことですね。

     

    『もうお手上げ…いくつかの権利を放棄する代わりに、支払いの義務も放棄します。。』

     

    自己破産

     

    と主張するこの手続きは当然、メリットもあれば、デメリットもあります。

    >>続きを見る

     

    歴史

    この破産制度そのものは大正11年に作られたが、平成17年にいわゆる『新破産法』が生まれ、破産手続きの合理化と迅速化が図られた。破産者が手元に残すことのできる財産が拡張され、破産のハードルが低くなった。自己破産件数は、

     

  • 2003年=25万件
  • 2012年⇒8万件
  • 2015年⇒6万件
  •  

    と、減少傾向にあります。

     

    自己破産

     

    自己破産がピークを迎えた2003年当時ににあった背景としては、

     

  • 1)企業倒産による失業
  • 2)地価下落による住宅ローンの重圧
  • 3)給与の伸び悩み
  • 4)2000年10月に施工された弁護士による広告の解禁
  •  

    等があった。4)はつまり、それによって自己破産制度の認知が広まったということで考えられます。

     

    自己破産

     

    >>続きを見る

     

    自己破産

    推移

    自己破産件数の推移!急増した過去と減少した理由!…でもまた増加した?

     

     

    『平成28年(2016年) 64,037件』になり、前年度よりも、1.2%増加してしまっていることが、最高裁の統計で明らかになりました。増加に転じた背景には、無担保で個人に融資する銀行のカードローン事業の急拡大があるとみられています。

     

    それまでは、2003年のピーク時から数えて、12年連続で減少していた自己破産者なのですが、『銀行カードローン』が増加したことにより、その数が増えたと言われています。銀行カードローンは日銀の統計によると、2016年末は5兆4377億円で、5年間で1.6倍に拡大しています。

     

    実は、銀行カードローンは前述した『総量規制』の対象外なのです。つまり、年収の3分の1を超える借り入れはできないはずの総量規制の対象外ですから、年収の3分の1を超える借り入れが、『できる』のですね。これが原因の一つだと言われています。

     

    推移グラフ

     

    >>続きを見る

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

     

    お金に関するその他の情報

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP